中年太りの原因は筋肉量の減少

人間は歳をとると太りやすくなると言われています。事実、40~50代の方は大抵中年太りをしている印象がありませんか?そう、これは正しいんです。専門家も指摘していることですが、通常人間は歳をとるごとに筋肉量が減少してしまい、その減少した部位は脂肪に置き換わってしまいます。

当然それは「太る」という結果なんですね。だからそうならないためにはできるだけ筋肉量を減らさない努力が必要なのです。そのため健康のために多くの人は食事に気を付けたり定期的にトレーニングを行っているものだと思います。そうすることで加齢に伴う筋肉量の減少を遅らせて、健康な標準体型を保つことが可能です。

人が太る原因‥とりわけ中年太りの原因とは大抵がほぼ間違いなくこの筋肉量の減少なんですね。私たちが日常動く元気は元より、何もしなくとも消費してしまう「基礎代謝」というエネルギー。これも私たちのどの部位で作られるのかといいますと、紛れもない「筋肉」で作られるとされています。だからこそ、この筋肉が減ってしまうと基礎代謝量も減ってしまい、日常の消費エネルギーそのものが大きく減ることで肥満になりやすくなってしまうわけですね。私たちが痩せるためには太る原因‥つまりは筋肉量の減少を止めること、そして増やすことが何より大切なことだといえるでしょう。今ダイエットしてる方に人気のパーソナルジム大手ライザップでもそうした仕組みを考慮して、ダイエット目的に筋肉を付けるためのさまざまなトレーニングを考案しています。
ライザップ入会