肌をいたわる保湿とスキンケアで乾燥肌対策

乾燥しやすい肌質なので、いつもスキンケアでは肌をいたわるようにしています。
特に洗顔は皮脂や潤い物質が流れ出してしまいやすいので、朝の洗顔では洗顔料を使わずぬるま湯洗顔のみで、夜だけ洗顔料を使っています。

寝て起きただけならそれほど肌も汚れていませんから、ぬるま湯のみの洗顔でも充分汚れが落ちてくれます。
洗顔料の洗浄成分や化学物質などが皮脂や潤い物質を奪ってしまいますから、極力使わないことで乾燥を防げています。

また、ぬるま湯洗顔の時のお湯の温度にも注意していて、体温と同じくらいにいつもしています。
あまり高すぎるとぬるま湯でも皮脂が奪われてしまいますから、ある程度の温度で抑えることで皮脂を適度に肌に残すことができています。
朝の洗顔で洗顔料を使っていた頃に比べると、明らかに乾燥が和らいできてくれました。

洗顔後の保湿は徹底するようにしていて、とろみのあるしっとりタイプの保湿化粧品を使っています。
とろみがあると肌に保護膜を張ってくれて水分が逃げにくくなりますから、保湿効果も高くなってくれます。
美容液や乳液もとろみがある保湿力が高いタイプを好んでいて、日中のメイクの上からの乾燥もしっかり防いでくれて化粧崩れしにくくなりました。
APP-Cフラセラムの口コミ